トップページ > プラシーゲルモイスト > プラシーゲルモイストの無添加を徹底分析

プラシーゲルモイストの無添加を徹底分析

界面活性剤

肌への刺激が大きい合成界面活性剤は配合されていません。乳化剤としては水添レシチンが配合されています。水添レシチンは低刺激な成分なので問題ありません。

防腐剤

肌への刺激が心配されるパラベンは配合されていませんが、フェノキシエタノールが防腐剤として配合されています。肌が弱い方は若干気になる成分ですね。

香料・着色料

合成着色料と香料は一切配合されていません。プラシーゲルモイストはゲルの色が黄色ですが、これは着色料ではなく、コエンザイムQ10が高濃度で配合されているために色味がついています。

鉱物油

肌への負担となる鉱物油は全く配合されていません。他にも植物オイルなど一切配合されていないので、オイルカットの化粧品といえます。油分による保湿が好きでない方におすすめです。

紫外線吸収剤

プラシーゲルモイストはオールインワンゲルですが、化粧下地としての役割がないため、UVカット効果はありません。したがって、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤は無添加です。

総合評価


配合されている乳化剤も低刺激ですし、フェノキシエタノール以外はほとんど刺激を気にする必要はないと思われます。
界面活性剤 肌への刺激が大きい合成界面活性剤は配合されていません。乳化剤としては水添レシチンが配合されています。水添レシチンは低刺激な成分なので問題ありません