トップページ > muNoage > muNoageの無添加を徹底分析

muNoageの無添加を徹底分析

界面活性剤

石油系の合成界面活性剤は配合されていませんが、クレンジングにはステアリン酸PEG-10、パルミチン酸ソルビタン、ポリソルベート40などの低刺激な界面活性剤・乳化剤が配合されています。

防腐剤

防腐剤としてパラベンが配合されていませんが、ほぼ全アイテムにフェノキシエタノールが配合されています。パラベンほど刺激は強くありませんが、肌に優しい成分ではないので、注意が必要。

香料・着色料

香料と着色料は全ての製品に配合されていません。植物エキスが豊富に配合されているわけでもないので、植物の香りも特にありません。ほとんど香りはしないので、使い心地は良いです。

鉱物油

鉱物油は一切配合されておらず、油分は植物性のオイル(マカデミアナッツ油など)が配合されています。あまり油分は配合されておらず、さっぱりとしたテクスチャーの化粧品です。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は全ての製品に配合されていません。ちなみにmuNoageにはメイクアップアイテムはないので、UVカット効果のある製品はありません。ですから特にUVカット成分は配合されていません。

総合評価


刺激の強い成分を使用しない無添加処方ですが、完全無添加ではありません。植物エキスではなく、ペプチドなどの最先端の美容成分を中心に配合しています。
界面活性剤 石油系の合成界面活性剤は配合されていませんが、クレンジングにはステアリン酸PEG-10、パルミチン酸ソルビタン、ポリソルベート40などの低刺激な界