トップページ > ヒフミド > ヒフミドの無添加を徹底分

ヒフミドの無添加を徹底分

界面活性剤

クリームに使用されているミリスチン酸ポリグリセリル-10は天然由来の界面活性剤でとても低刺激です。また、クレンジングにはラウリルグルコシド(界面活性剤)・ラウロイルサルコシンイソプロピル(乳化剤)が配合されていますがいずれも低刺激なものです。

防腐剤

防腐剤としてパラベンは配合されていませんが、フェノキシエタノールがクレンジングとクリームに配合されています。また、トコフェロールがクレンジング・洗顔料・日焼け止めに配合されています。

香料・着色料

無香料・無着色となっているので、香料や着色料は配合されていません。植物エキスも配合されていますが、それ程たくさん配合されているわけでもないので、特に香りはありません。

鉱物油

鉱物油は全ての製品に配合されていません。植物オイルとしてホホバ種子油・マカデミアナッツ油・オリーブ油などが配合されています。油分はあまり配合されていない印象です。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤全てアイテムで無添加となっています。日焼け止め乳液にはUVカット成分として酸化チタンが配合されています。低刺激ではありますが、日中用として使用するのがおすすめです。

総合評価


基本的には低刺激な処方で作られていますが、刺激のある成分が配合されていない訳でもありません。肌が弱い方はパッチテストは必須です。
界面活性剤 クリームに使用されているミリスチン酸ポリグリセリル-10は天然由来の界面活性剤でとても低刺激です。また、クレンジングにはラウリルグルコシド(界面活