人気の無添加クリームを徹底比較!

無添加クリーム選びはここがポイント!

クリームは乳液と同様に油分が多いアイテムなので、界面活性剤や乳化剤が配合されている場合が多いです。そこで、無添加にこだわる方におすすめなのは植物由来の乳化剤を使用しているクリームを選ぶということです。植物性の乳化剤なら低刺激なので、肌への負担も心配ありません。そのためにも、植物由来成分が成分の中心となっている商品を選ぶのが重要となります。

比較 オラクル ブルークレール ファンケル アテニア ライスフォース
価格
内容量
10,500円
20ml
6,510円
40g
2,300円
18g
3,150円
35g
8,400円
30ml
1mlあたり
コスパ
525円
×
163円
128円
90円
280円
無添加 完全無添加 完全無添加 防腐剤
殺菌剤
石油系界面活性剤
香料
鉱物油
紫外線吸収剤
合成色素
パラベン
香料
着色料
鉱物
アルコール
香料
着色料
石油系界面活性剤
動物性原料
鉱物油
注目の成分 オタネニンジンエキス
ローズヒップ油
スギナエキス
オトギリソウエキス
ククイナッツ油
コラーゲン
EGF
ヒアルロン酸
セラミド
エラスチン
ラフィノース
ホホバ種子油
コメ発酵液
ヒアルロン酸Na
サクシニルアテロコラーゲン
プラセンタ
ヒアルロン酸
酵母エキス
珊瑚草エキス
ライスパワーNo.11
スクワラン
BG
評価
100点

水以外の全ての成分が植物性成分で作られたクリームです。乳化の役割を果たす成分も全て植物由来なので肌に負担を掛けない完全無添加となっています。
詳細はコチラ
95点

界面活性剤でなく、大豆から抽出した成分を使用した「無添加乳化」を実現したクリーム。100%植物由来ではありませんが、天然由来にこだわっています。

詳細はコチラ
84点

界面活性剤を使用せず、天然由来の乳化剤を使用しています。低刺激な乳化剤ですが、配合量は結構多いので、肌への負担がやや気になるところ。

詳細はコチラ
75点

天然由来の乳化剤を使用し低刺激処方となっていますが、フェノキシエタノールなどのやや刺激の気になる成分も配合されています。


詳細はコチラ
65点

使用されている界面活性剤はラウリン酸ソルビタンなど天然由来のものが多いですが、pH調整剤やパラベンといった刺激の気になる成分も配合されています。
詳細はコチラ

無添加クリームでおすすめなのは?

無添加クリームなら「オラクル」がおすすめ!

 水以外の全てが植物性成分
⇒ 水以外の全ての成分が植物から抽出された成分なので、肌への負担がほとんどありません。完全無添加にこだわりたい方に最適。
 植物性の乳化剤を使用
⇒ 使用されている乳化剤は植物性でほとんど肌に負担を掛けません。しかも、ほとんどの成分が植物由来なので乳化剤の配合量はごく微量です。
 肌トラブルからエイジングケアまで対応
⇒ 植物の持つ力で肌本来の「根本回復力」を高めることができるので、様々な肌トラブルやエイジングケアにも対応したクリームとなっています。


植物由来成分で作られた完全無添加のオーガニック美容クリームは
オラクル「クリーム・ルネサンス」だけ!
まずはトライアルで植物の持つ力を実感してみてください!
オーガニック派の方におすすめの無添加クリームを徹底比較してご紹介しています。各商品がどのような目的に適しているのか記載していますので、エイジングケアが目的なのか、美白ケアが目的なのかによって、選ぶべき商品が一目で分かるようになっています。