トップページ > 青じゅる > 青じゅるの無添加を徹底分析

青じゅるの無添加を徹底分析

界面活性剤

界面活性剤は配合されていないので、肌への負担はある程度軽減されています。乳化剤としてレシチン、乳化安定剤としてカルボマーが配合されていますが、これらは比較的低刺激な成分です。

防腐剤

防腐剤として配合されているのはフェノキシエタノールやエタノールとなっています。これらはパラベンほどは肌への負担は気にしなくて良いと思いますが、若干気になる成分です。

香料・着色料

香料と着色料は無添加となっています。ゲル自体の色が緑になっているのは14種類の草花エキスを配合しているからで、植物のもつ本来の色味ということになります。

鉱物油

鉱物油は配合されていませんが、植物由来のオイルは配合されています。ダイズ油・アボカド油といった植物から抽出した低刺激なオイルが配合されています。

紫外線吸収剤

青じゅるには紫外線をカットするはたらきはありませんので、当然のことながら紫外線吸収剤や紫外線散乱剤は配合されていません。

総合評価


フェノキシエタノールなどの刺激が気になる成分が若干配合されていますが、全体的には刺激が少ない化粧品という印象です。
界面活性剤 界面活性剤は配合されていないので、肌への負担はある程度軽減されています。乳化剤としてレシチン、乳化安定剤としてカルボマーが配合されていますが、これ